プロミスならネット審査が可能!
プロミでお金を借りる最短キャッシング

プロミでお金を借りる最短キャッシング

キャッシングに申込み


>>【プロミス】★来店不要で即日回答★3項目で3秒診断を試してみる!

お金はいつどんな時に必要になるかわからないので、しっかりお金を蓄えておくことは大事です。 しかし病気やリストラなどで、どうしてもお金を蓄えられない時もあります。 どしてもお金が必要になった場合は、知り合いにお金を借りるよりは、金融機関や貸金業者からキャッシングするといいでしょう。

プロミスならば、審査も早くその日のうちにお金を借りることができます。 わざわざプロミスの店舗まで行かなくても、パソコンやスマホからキャッシングの申込みができます。 プロミスは総量規制があるので、年収の3分の1までしか借りることができません。 自分の年収をしっかり確認してから申し込むといいでしょう。

プロミスで即日融資を受ける場合は、平日は14時迄にWEB契約を完了しなければいけません。 必要書類もデジカメやスマホで撮影し、パソコンからメールで送信するだけなので、面倒な郵送の必要がいりません。 プロミスの自動契約機を利用すれば、その場でカードが発行されATMからすぐにキャッシングできます。


リスト これから【プロミス】自動契約機に行きますか?!
 ↓ ↓ ↓ ↓ 
プロミス急ぎ借り入れ
プロミス公式ページ


プロミス自動契約機検索

即日融資を受ける際にお勧めなプロミス


お金がどうしても不足している時、頼りになるのが消費者金融です。昔と比べて借りやすくなっていますし、CMなどの効果もあってか以前より身近に感じる方もいらっしゃるのではないかと思います。

お金がどうしても必要だという方の中にはその日のうちにお金が欲しいという方もいらっしゃるでしょう。そのような方ですと即日融資という制度を利用するとよいでしょう。申し込みを行ったその日のうちに審査が通れば融資を受け取ることができるのが即日融資の利点です。

即日融資を受け取る際はプロミスがお勧めであるといえます。プロミスですと平日14時までにウェブにて契約を終えてしまえば当日振り込みをしてくれます。また例え14時を過ぎてしまっても審査さえ通過してしまえばネットから申し込みを行ったのち自動契約機にて即日融資が可能となっています。

また初めて借り入れを行う方ですといつでも30日間は利息なく利用できるのも強みですので初めて借り入れを行う方はこちらも参考にしてみると良いでしょう。

初めてキャッシングを利用する際の比較方法


初めてキャッシングに申し込む場合に、会社同士を比較しながら検討することがあると思います。 多くの方が安い金利で借りることができないだろうか、ということで比較をするのですが、 実際に利用する額によって金利は変わってきますし、一般的な利用の場合には18%の金利に落ち着くことが大半です。 多くのカードローンなどで出ている5%前後の金利は大口の利用者と考えた方が良いでしょう。

ですから、10万円程度の金額を利用したいという場合であればどんな会社を利用したとしてもそれほど変わりません。 そのため自分が気に入っている会社など、印象や直感をメインに探しても大丈夫ということになります。

まずはメジャーどころのキャッシング会社を数社選んで、自分の家に近いATMであったり、金利だけでなくATM利用の手数料など、さまざまなお得な部分を探すことが大切です。 金利は微々たるもので、使いやすさとATMの利用手数料などが、長期的に利用していく中で大きなウェイトを占めてきます。

キャッシング返済を考える


キャッシング 返済は約定返済日に約定返済額をお支払するのが基本です。 返済方法はいろいろですが口座からの自動引き落としで返済するのが一番楽な方法です。 キャッシングの利息は日割計算でご利用した日数に付く仕組みが採用されています。 自動引き落としのまま返済していると楽ではありますが、ご利用日数が長くなり利息の支払いが多くなりがちです。 そこでおすすめしたいのが追加返済です。

追加返済はキャッシングにもよりますが提携ATMから行えます。 特に追加返済を行いやすいのがボーナスが出たときです。 余裕がある範囲で貰ったボーナスを返済に回すことで一気に借入残高を減らせることがあります。 そのまま完済出来ることも多いので利息の減額効果が大きいです。 住宅ローンのような繰上げ返済手数料はかかりませんので積極的に追加返済を行いたいところです。

その代わりにキャッシングによっては提携ATMをご利用すると手数料が発生することがあります。 わずかな手数料ではありますが何度も追加返済を行っているとせっかくの利息減額効果が薄れてしまうので注意が必要です。 自社ATMなら手数料無料だったり、提携ATMでも手数料無料のキャッシングも見られますので事前に手数料がどうなっているか調べておいて下さい。